【初心者ガイド#4】自分の機体で個性を出そう!初めてのロボ建築

GUIDE4

第4回目はついに自分のロボを開発します!

ゲームを始めるともらえる3つの初期ロボを十分に遊びつくした後は
いよいよRobocraftの醍醐味でもあるオリジナル機体の開発です!

初期ロボの解体

まずは3つの初期ロボのうちどれか一つを解体して、
新しいロボを作るためにガレージを確保しましょう。

ロボを解体すると、そのロボに費やしたパーツやブロックが
全て自分の手持ち(インベントリ)に戻ります。

どのロボを解体するかはあなた次第です。
あなたが最も使いこなせないと思ったものを選ぶと良いでしょう。

期待を完全に解体するにはガレージ一覧画面から解体したいロボを選び、
画面右の赤い「DISMANTLE」をクリックします。

2015-11-16_00011

解体するか聞かれるので「YES」

2015-11-16_00012

すると綺麗さっぱり無くなります。
それでは空いたスペースに新しいロボを建設しましょう。
編集画面へ移動するには「EDIT ROBOT」をクリックします。

2015-11-16_00013

するとこのような画面になります。
ここでマインクラフトとほぼ同じように建設ができますが、
もう一度操作を確認してみましょう。

2015-11-16_00014

ロボ建設のコツ!

強いロボを立てるコツは?
完璧な答えはありませんが、Team B.D.F.Sはこう考えます。

事前の計画!タンクかスカウトか

まず事前にどんなロボを作るか
ある程度で良いので計画しましょう。

まず、タンク系(低機動、高耐久)を作るかスカウト系(高機動、低耐久)を作るか決めましょう。

タンク系は1対1だけではなく、集団戦の際にも大きな戦力になりますが
スピードが遅いものが多いので戦況を見極めて動かないと味方本陣に置いて行かれる場合があります。

スカウト系は高いスピードを持ち、敵の注意を引く・敵のスポット・敵本拠地の占領を
行ったりして味方に貢献できますが、高速=小型になりやすいので多くの砲が設置できず1対1に弱いのが難点です。

初めてのロボとしてオススメするのはタンクとスカウトの中間のロボです。
タンクの仕事とスカウトの仕事の両方をバランスよくこなせます。

「死に砲」をなくそう

死に砲とはなんでしょうか?
死に砲

死に砲とは、弾を発射しても自分の機体に弾が当たってしまって
敵に当てられない砲塔のことを言います。

死に砲が増えるほど攻撃威力が低くなってしまい、相手に打ち負けてしまうので
しっかりと対策をしておきましょう。

上記の画像にある対策はあくまでも一例で、ブロックを1段あげる他にも
砲を正面から見て斜めに並べたりする方法もあります。

コアブロックを守ろう

コアブロックとはパイロットシートに接続されている7つのブロックのことを言います。
2015-11-17_00001

Robocraftではこの7つのブロック全てが敵に破壊されるとそのロボは壊滅します。
プラズマなどからまれに一撃死があるのは主にコアブロックが守られていないことにあります。

ロボの生存率を上げるためにも、コアブロックは少し強いブロックを使ったり
周りを十分に囲み、前後左右どの方向から攻撃されても耐えられるようにしましょう。

小さすぎもダメ、大きすぎもダメ

まれに低ランクでものすごく小さいロボや逆にものすごく大きいロボを見かけます。

何事でもやりすぎは禁物です。

あまりにも小さい機体だと、数発の攻撃を食らっただけで移動不能に陥りやすくなりますし、
大きすぎる機体だと敵にとっては当てられる的が大きくなるため攻撃を喰らいやすい上
低速になりがちなので味方本陣に置いてきぼりにされてしまいます。

小さすぎ・大きすぎの基準はランクにもよりますが、序盤であればだいたい目安は
横幅4ブロック以上8ブロック以内、縦幅7ブロック以上14ブロック以内がちょうどいい範囲です。
高さは時にきにする必要はありません。

白いブロックも灰色のブロックも硬さは同じ!

ここは最も初心者がミスしやすい項目です。

ゲーム開始直後で使えるブロックは3種類ですよね。
白いブロック、灰色のブロック、そしてガラスのブロック。

どうしても見た目的に灰色のブロックの方が白いブロックより硬そうに見えるので
多くの初心者の方が灰色ブロックを多用したロボを建築するのを見かけますが、
これは大きな間違いです。

白いブロックはLight Chassis Cubeと呼ばれ、英訳すると「軽量ブロック」です。
対して灰色のブロックはHeavy Chassis Cubeと呼ばれ、英訳すると「重量ブロック」。
そしてステータスを確認すると、どちらも耐久度は変わりません。

むしろ軽量ブロックは5Kgなのに対して重量ブロックはなんと15Kgもあります!
これはRobocraftで最も重いブロックである Mk10ブロックと同じ重さなので
この重量ブロックをメインの建材にするのはやめましょう。

白灰色ゴキ

特に序盤で入手できるホイールやホバーブレードなどの移動手段はどれも搭載可能重量が低いので
重量ブロックを多用するとあっという間にこの搭載可能重量を超えてしまい、
動作が不安定・非常に低速になってしまいます。

Team B.D.F.Sの考えた最良の低ランクロボ

※この機体は開発中です。今後新型が出る可能性があるのでご注意ください。

運営チームのTeam B.D.F.Sは低ランク向けに低コストで作れる優良ロボを開発中です。
現在試作機1号が出ているのでぜひお試しください。

詳細はこちら

画面上部の緑色のボタン「New Robot」をクリックし、
2015-11-17_00002

検索窓に「B.D.f.S」を打ち、Enterを押しましょう。
すると試作機の一覧が見れるので最新の期待をレンタルしましょう。
700RPで7日間レンタルできます。

2015-11-17_00003

  • このエントリーをはてなブックマークに追加