バトルアリーナ

バトルアリーナとは?

現在このモードはRobotRankingが30M以上のロボのみが参加することができます。

バトルアリーナはRobocraftで現在一番人気のあるモードの一つです。
ルールは敵本拠地にあるプロトニウム原子核にくっついている632個の結晶を壊すことで勝利となり、
逆に自軍の原子核は完全に破壊されると敗北となります。

バトルアリーナにしかない独自要素

バトルアリーナには、チームデスマッチやザ・ピットにはない独特の要素が多く含まれています。

フュージョンタワー

robocraft-3

フュージョンタワーはマップ上の

  • 自軍本拠地寄りに1つ
  • 敵軍本拠地寄りに1つ
  • 中立位置(主にマップ中心)に1つ

設置されています。

これらのタワーには本拠地にあるプロトニウム原子核と同じように結晶が張り付いています。
この結晶を全て壊すと、そのタワーは自軍のものとなります。

タワーを占領する数によって以下のような変化が起きます。

  • 1つ占領することで自軍のプロトニウム原子核を覆うようにフュージョンシールドが生成される(詳細後述)
  • 2つ占領することで味方全員にクロックサイクルブースターが発動される(詳細後述)
  • 3つすべて占領することで敵軍のフュージョンシールドが解除される

またタワーは多く占領しているほど、タワー・原子核の結晶を壊す速度が速くなります。

そしてタワーを一つ占領することでその時点で
リスポーン待ちの見方を残り時間関係なくリスポーンされます。

フュージョンシールド

robocraft-2

フュージョンシールドは自軍の原子核を外部からの攻撃から守るために生成されます。
フュージョンタワーを1つ占領すると、シールドは生成されます。
ただ逆に敵に全てのタワーを占領されてしまうとこのシールドは解除されてしまいます。

フュージョンシールドには以下のような特徴があります。

  • シールド外からの攻撃を全て遮断(シールド内に入ってしまえば攻撃が通る)
  • シールド内に味方全員にやや低速の回復効果

シールドは原子核へ特攻してくる敵を追い返しやすくなったり、
自軍周辺で護衛をするレールキャノンがダメージを負った時に
素早くナノの手助けなしに回復が得られたりなどなど

様々なメリットがあるのでシールドが解除されてしまった際は
即急にタワーを奪い返しましょう。

オーバークロック・クロックサイクル

robocraft-4

オーバークロックは自分の戦績に応じて徐々に自機の性能が向上するシステムです。

ダメージ・キル・アシスト・結晶の破壊・タワーの占領などでクロックサイクルという
オーバークロック専用の経験値を稼ぐことができ、その値が一定数に達すると
オーバークロックレベルが上昇し、このレベルに応じて自機の性能が向上します。

オーバークロックレベルは1から13まであり、レベル13に達するとそれ以上クロックサイクルはたまらなくなります。

なお、フュージョンタワーを2つ自軍が占領することで味方全員にクロックサイクルブースターが発動され、
何もしていなくても徐々にクロックサイクルを稼ぐことができます。

リスポーン

robocraft-5

リスポーンはこのモード最大の特徴でもあります。
これはその名の通り、一度敵に撃破されたとしても
一定時間待つことでまた体力100%で戦場に復活することができます。

リスポーンするまでの待ち時間は撃破後の画面の中央にあるHUDで確認でき、
残り時間が0秒になった時、通知音がなるのでクリックまたはキーを押すことで復活できます。

待ち時間はオーバークロックレベルに影響されます。
オーバークロックレベルが高いと高いほど、次回リスポーンするまでの待ち時間が長くなり
13レベルになると2分近く待たされることになります。

また、あなたのロボはほぼ破壊されたまま放置されてしまった際、「Esc」メニューより
「RESPAWN」をクリックすることで自爆し、リスポーンが可能です。
ただしこの方法でリスポーンするには15秒間1度も被弾していない状態でなければいけません。

試合を途中放棄してプレイヤーが自軍にいる場合は救済措置として
味方全員のリスポーン時間が10秒短縮されます。

降伏

robocraft-6

試合開始5分後以降に自軍が壊滅危機にある際、あなたは味方全員に幸福を提案することができます。
降伏の提案は「Esc」メニューの「SURRENDER」ボタンでできます。

降伏を提案すると、味方全員の画面右下に投票画面が表示されます。
「Y」キーを押すことで賛成、「N」キーで反対という風に投票ができ、
賛成意見は緑色、反対意見は赤く表示され、未投票は灰色で表示されます。
(提案主はあらかじめ賛成に投票される)

試合放棄・AFK(放置)したプレイヤーは自動的に賛成意見に投票され
制限時間までに投票しなかったプレイヤーは自動的に反対意見に投票されます。

もし、チーム内で反対意見が2票以上ある場合はその提案は無効化され、降伏は持ち越されます。
しかし味方全員が賛成意見の場合は自軍の原子核が自爆し、敵の勝利として戦闘が終了します。

リーグ

robocraft-7

RobotRankingが30M以上ロボがバトルアリーナに
参戦する際は同時にリーグにも参戦します。

リーグシステムはゲーム内では特に効果を発揮しませんが、
いわゆるそのプレイヤーの腕前を表すものです。

リーグにはブロンズ、シルバー、ゴールド、ダイアモンド、プロトニウムも5段階あり、
リーグを昇格するには6つのスターを獲得する必要があります。

スターを獲得するには大まかに言うと、試合で優秀な成績を何度も残す必要があります。
スターの獲得にはランクが影響され、試合終了時に以下の条件で相応のランク変動が起きます。

  • 両チーム全プレイヤーでスコアランキング上位半分がランクの上昇、下位半分がランクの下降(勝利チームのスコアは2倍になる)
    • チームは負けたが、勝利チームのスコアを追い越して上位半分に食い込んだ際はランクは降下せず維持される
    • チームは勝ったのにもかかわらず、自分のスコアが上位半分にとどまっていなかった場合はランクの降下

相手のリーグとスターが自分よりも格上であるとあるほど敗北時のランク降下は少ないものになりますが、
逆に格上相手に勝利した際はより多くなランク上昇が得られます。

相手が自分より格下であるほど敗北時のランク降下が大きくなり、逆に勝利しても
ランク上昇は通常よりも少ない物になります。

アリーナモードでの罰則

チームデスマッチとは違い、自分が退席した際の味方への影響は大きく、
勝敗を左右することもあるので途中放棄したプレイヤーにはペナルティ(罰則)が与えられます。

直近5試合の中で試合放棄1回は警告で済みますが、
2回目以降は次回試合に参加する際の待ち時間が強制的に2分長くなります。

Escメニューからの退席はもちろんのこと、
PC・ゲームの強制終了、インターネット切断でも
試合放棄と判断されます。

戦術

バトルアリーナで有効な戦術や立ち回りについて解説していきます。

基本ルート

  1. 最寄りのタワーの制圧・援助
    • 制圧:決勝とタワーの接続部を積極的に狙い、敵よりも早く1つ目のタワーを確保する
    • 援助:最寄りのタワー周辺で占領を手伝いつつ、周りの奇襲をかけてくる敵に警戒して見つけ次第対処する。
  2. 第二タワーの制圧
    • マップ中央のタワー:敵とと入り混じる空間のため占領が若干難しい。
      SMGタンクは先陣を切り、SMGクルーザーやプラズマは後方で火力支援、ナノは地上機の回復に特化
      コプターは味方地上班についていき、牽制を行う。SMG戦闘機・プラズマ爆撃機は敵軍の注意を引く
      レールクルーザーはナノと近い位置でリロードを待ち、時々顔を出して弾を使い切る。
      レールウォーカーは定位置で遠距離射撃
    • 敵軍最寄りのタワー:多くの場合は敵と鉢合わせすることはないが、遠距離射撃中のレールや
      他タワー占領で通りすがる敵に見つかる可能性がある。
      基本は特攻スタイルで徐々にでもいいのでタワーに攻撃をかける。
  3. 最終タワーの制圧
    • 制圧:敵も最終タワーの防衛に力を入れるので、圧倒するためには
      できればチーム全体で攻撃を仕掛けたい。
      見方のリスポーンを待ち、どもに最終タワーの制圧に向かう。
      立ち回りは最寄りのタワーの制圧と同じでかまわない。
    • 防衛:自軍が最終拠点を制圧している間に敵軍が他にタワーを制圧しにくる場合があるので
      レールウォーカー・航空機・高機動車は自軍タワーの防衛に回ろう。
  4. 敵拠点の攻撃
    • 全タワーを制圧すると敵のシールドが解除されるので真っ先に敵原子核を攻撃したいところ。
      しかし、ナノがいない状態のラッシュはあまり有効的ではないので最低でもナノ一機、出来れば二機と一緒に行こう。
  5. 以上、タワーが再度取られ次第1~4のループ

特殊ルート

特殊ルートその1「特攻」

このルートは敵原子核のHPを徐々に減らし、最終的なラッシュ時の負担を軽減またはそのまま勝利に直結することもあります。
的に固定防衛がいない限りは有効な策ですが、最終的にはおそらくキルよりデスの方が上回っていることでしょう。

(オススメできる機体:スラスタースティック、高機動SMGなど)

  1. ゲーム開始後、真っ先に敵軍最寄りのタワーもしくは敵原子核へ奇襲をかける。
    • 敵軍最寄りのタワー:成功すれば敵のスタードダッシュを遅らせることができ、チームに大きく貢献できる。
      ただ、このコース自体が高軌道、かつ高耐久なロボを必要とするので必ず持久力のあるスラスタースティックかEPボール、または高軌道な空陸両用機体をオススメする。
      武器はプラズマではなくSMGが良い。制圧中の敵の注意をできる限り引き、敵の邪魔をしよう。生きて帰っては来れないので撃破されるまで相手の注意をひく。
    • 敵原子核:ゲーム開始直後は両チームともにシールドがないので抜群のスピードを持つ機体であれば開始早々敵軍へ特攻をかけるのもあり。
      敵にシールドを取られる前に必ず現地にたどり着けるほどの機動力を持たせよう。
  2. 第二特攻
    • 敵原子核:2番目の特攻は原子核がオススメ。ただ、今回は単純にラッシュを仕掛けるのではなく
      マップ端から行き、誰にも気付かれぬよう敵本拠地の裏まで来よう。固定防衛(主にレール)がいる可能性があるので十分確認し、誰もいないタイミングで原子核を攻撃する。
    • 敵軍最寄りのタワー:マップ中間のタワーはすでに多くの見方が援護している場合が多いので
      ここはあえて敵軍に一番近いタワーを制圧して敵をばら撒けさせよう。上記と同じく、マップ端から気付かれぬようにタワー周辺まできたら、
      敵がいないことを確認してタワーを攻撃しよう。この時もレールが近くにいる可能性は大きいので余裕があれば奇襲をかけて瀕死の状態にしておいてからタワーを攻撃しよう。
  3. それ以降
    • ひたすら原子核へ:ひたすら原子核を攻撃すると相手にとっては地味に大きなダメージになる。最終的なラッシュの時に味方が削る懸賞の量が減ったり、またはこの奇襲だけで試合を終わらせることもできる。特攻方法は第二特攻の時と同じくマップ端から回り込む。何度も立て続けに攻撃すると固定防衛がつくので時には2番目の方法をとり、少し間をおこう。
    • OCレベルを上げる:何度も特攻を仕掛けると固定防衛がつくのでたまには最初の基本ルートに沿って仲間の手助けをしよう。
      OCレベルもついでに上げ、特攻時の攻撃力を増しておくと良い。

特殊ルートその2「固定防衛」

このルートは貰える経験値が他の味方より少なくなるでしょう。
ただ、敵による断続的な特攻や大規模なラッシュをすばやく察知し、見方に知らせたり、自分で止めたり
自軍最寄りのタワーの制圧など味方原子核のダメージ量を総体的に減らせる。

正直、「つまらない」。

(オススメできる機体:ウォーカーレッグ、ヘリ機 SMGかレールが好ましい)

  1. 自軍最寄りのタワーの制圧
    • 基本的な立ち回りは基本ルートを参照。
  2. 自軍周辺の高台の見張り
    • 特攻を防ぐ見張り位置:特攻を仕掛ける敵の多くがマップ端を通り、自軍原子核の裏に隠れて誰もいなくなったら攻撃を仕掛けてきます。
      自軍原子核の裏にある山に隠れていると敵が特攻でやってくる時があります。
    • ラッシュしにくる敵のグループを見たら:自分一人で完全に敵のラッシュを止めることは不可能です。
      チャットで少しでも多くの援護を求めましょう。援護に来てくれる確率は高くはありませんが、高速なロボは以外と来てくれます。
      「Enemy group inc to core」と打ってみましょう。「core」の部分をTowerなどに変えるとタワーが攻撃される!なんてことも言えます。
  3. 大事な局面では
    • 一層警戒を強める:敵のシールドが解除されたりなどの重要な場面では敵が仕返しに単独ラッシュを仕掛ける場合があります。
      少しでも原子核の被ダメージを減らすにはより一層警戒を強めましょう。
    • 味方の援護に行く:大事な時は自ら防衛を捨てて援護に回るのもありです。OCレベルも上げられるのでその後の防衛に役立ちます。

特殊ルートその2「テスラでドオォン」

うまくいくと簡単に多くの経験値やスコアを稼げますが、敵は心底苛立つことでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加